新宿『BloomingMom/Licolabo』 前田 カオリコ 様 インタビュー その3

      2017/05/07

前田カオリコ様の第三回目のインタビュー記事掲載となります!本日は新宿区で長年に渡り、携わっておられるママ達の支援活動について、お話をお伺いしております!

今の活動をされることとなったきっかけのようなものがあれば、是非教えていただけますか?

私にとっての大きな転機に、やはり結婚と出産があります。現在の「株式会社リコラボ」(2016年登記)という法人とは別に、2013年に「ブルーミング・マム」という母親の支援団体を発足しています。子供を出産し、育て、社会に送り出すという責任を考えると、やはり「社会の環境をより良くしていく必要がある」と痛感しました。立ち上げは一人でしたが、それから5年の歳月を経て団体にしました。現在も母親のキャリアの再構築やコミュニティづくりを新宿区で行っています。きっかけは「子連れでも、知的好奇心を満たすことをしたい」という漠然としたものでした。フリーアナウンサー、特に私は現場に出るリポーターとしてのキャリアが長くどうしても時間が不規則になりがちです。かと言って、他の職業に再就職することは現実的ではありませんでした。「自分のキャリアが活かせない・戻る場所がない」と育児ノイローゼ・いわゆる産後クライシスにもなり、精神的にキツい時期を過ごしました。また、「3歳までは母親が育てる」という考え方にも少なからず影響され、本来の自分らしさを見失ってしまいました。このままだと深刻な鬱状態になると思い、精神科にお世話になる前に、子供を保育園に入れ、自分を取り戻す方法を選びました。お金のことは後から考えました。それくらい必死に自分の生き方を摸索したのだと思います。

現在ブルーミング・マムはどのような活動をされているんですか?

かつてそのような状況だったことを周囲のママ達に話すと、多くの方が多かれ少なかれ、そのように感じたり、考えたりしていることがわかりました。自身の経験を元に「ママ達の現状を共有し、発信できる場が必要ではないか?」と思い、団体としてのスタートを切りました。「全てはママの笑顔から」を理念に、当初から母親向けのワークショップや交流会を中心にした活動です。運営は大変ですが、様々な方から「このような時間があって本当に良かった」「このような時間が本当に必要だ」という声が届くたびに、このままずっと継続する方法を考えるようになりました。助成金や、行政とつながりをもつことで、もっともっとに地域に浸透していって欲しいと願っています。また、私自身が元々のキャリア経験を活かし母親向けのイベントの司会などで強みを活かした業務の依頼を受けるようになり、団体の活動を通してスキルを持ったママ講師のデビューを支援したり、ウェブ上で広告収入を得る仕組みなど、ボランティア団体ではありますが運営することの大変さをカバー出来るように努力をしています。まだまだ支援や寄付が必要ですが、それでも継続する意思は変わりません。

活動の幅が年々広がっているイメージですね。

せっかく母親支援団体を設立するのだからと、「新宿で一番大きな団体にしたい!」「ママ達に還元出来る団体にしたい!」という野心がありました。ママ支援団体としての「ブルーミング・マム」は、「ママだからこその花開く人生を。」という想いから生まれたのです。そのような中、本来の自分の仕事であるコミュニケーションを軸とした話し方・スピーチ・第一印象・など個人事業主として事業をしてきましたが、団体を支援するカタチで株式会社リコラボの設立の後押しにもなりました。法人化にするにあたり、心配する声や継続が難しいのでは、という意見も沢山いただきました。それでも、やってみなくちゃ分からない。何も変わらない。という思いで必ず今後に生きてくるという考えがベースにあります。そこからの流れで今年2017年に、母親起業向けのコ・ワーキングプレイスを作るべく現在準備しています。女性の働き方ももっと多様でいいという思いから、「母親だからこそ起業したい!」という女性を応援し、その後ろ姿を子どもに見せられるというのは自分の人生を生きる醍醐味にもなるのだと信じています。

法人を設立されたことで何か変化はありましたか?

法人化したことで、多くの方々と責任を分担し、業務に取り組むことで連帯感も生まれてきていますし、更に多くの方々に関わって頂けるよう様々なことも考えています。やはり法人化する前と後では、関わることや関わるものが自然に変わってきているという実感があります。コ・ワーキングプレイスの話もその一つですね。当然今までの活動によって信頼があったからこそだとは思いますが、より大きな事業に関わることのできる可能性が広がったことは嬉しく思っています。このように、自分自身で何か仕掛けたことで、周りが面白がってくれて、応援したいと思ってもらえることは非常に大きな強みだと考えていますし、今後はその土壌となり得る法人をもっと育てて行きたいとも考えています。

名残り惜しくも次回が前田様のインタビューの最終回となります。今後の展望についてお伺いしております。ご期待ください!

今回のインタビューのお相手

株式会社リコラボ
代表 前田 カオリコ 様
コミュニケーションの基本は
全てに通じる
話し方から個人の魅力を引き出す
研修・コンサルタント業務
Web: http://licolabo.life/

 

 

 

 - 新宿, 習い事, 起業支援