東京都内『サックスプライベートレッスン』 永井 香織 様 インタビュー その4 | I'll be

東京都内『サックスプライベートレッスン』 永井 香織 様 インタビュー その4

      2017/02/24

名残惜しくもいよいよ最終回。今回もレッスンに対する熱い気持ち、そして今後のプロのサックス奏者として意気込みを改めて表明頂きました。もし、こちらの記事をお読みいただいてサックスに興味を持った時には迷わずメールでお問い合わせを。音楽が「かけがえのない人生の友」となる良いきっかけとなるはずです。

現在のレッスンに対する取り組み方を教えてください。

レッスンを始めてみて、生徒一人一人が成長していく姿を感じ取れるようになった時、本当に嬉しかったのを今でも覚えています。また、生徒の方々には本当に恵まれていると思っていますが、お互いに尊敬できる関係が築けていることを非常に嬉しく思っています。

blog04

年に数回程度ですが、生徒同士の親睦を深めてもらうことを目的として懇親会を開いています。そのような場で、自分より年長の方から、熱心に教えていることを評価され、「先生のおかげで、自分の第二の人生の趣味として心からサックスを楽しむことができている」と言ってもらえたことがありました。『人生の中で、そんな風に言ってもらえる体験なんてそうそうない。』と、その時、非常に感慨深く感じたことを今でもはっきり覚えています。

ただ、レッスンを始めた頃は、自分自身の音楽に対するストイックな思いを各々の生徒に求めていて、できないことが当然なのに、それを全く理解できず、自分の考えを押し付けていました。ある意味、傲慢だったのかもしれません。レッスンを重ねるにつれ、分からない気持ちを理解できるようになり、『音楽が本当に楽しいものである』ことを改めて感じることができたのは本当に素晴らしかったと思います。また、自分自身も生徒の一人一人から影響を受け、成長しているんだろうなと思っています。

実際に、私はプライベート・レッスンしかお受けしていません。それは一人一人のやりたいことが異なっているのは当然だと思っているためです。やはり、グループ・レッスンだと誰かのスピードに合わせて進めていかなければならないため、もどかしかったりしますよね。生徒の一人一人に寄り添って、一緒に定めた目標や目的に向かって進んで行ったり、共有したりする。そんなレッスンを行えていることは非常の楽しく、本当にやりがいを感じています。

今後の目標や夢などあれば、教えてください。

sending01

プロ奏者としての終着点の設定は本当に難しいと思っています。ただ、小さな目標を一つ一つクリアするようにしています。それを積み重ねることで、日々成長し、一歩一歩大きな目標に進めていると感じています。少なくともプロとしての仕事の数を、前年に比べ一つでも多くこなせるように努力しています。もちろんプロの奏者としての自分自身を強く意識していますが、現在はレッスンも非常に楽しく行っています。

こんな風に色々なものに自由にチャレンジさせてくれる家族には本当に感謝していますし、理解してもらっていることは本当にありがたく感じています。今後、何かしらの人生の転機があったとしても、音楽を本当に愛しているので、音楽に関わる仕事に携わっていければ、それは本当に幸せなことだなと思っています。

サックスに溢れんばかりの情熱を持つ永井様をこれからも応援していきたいと思うとともに、一生をかけて一緒に歩める趣味を見つけることの大切さを改めて感じました。大人の趣味としてサックスを考えていらっしゃる方、是非、永井様のWebサイトもご覧ください!

今回のインタビューのお相手

capture03

サックスプライベートレッスン
代表 永井 香織 様 
都内各地でのマンツーマンレッスン 
埼玉、横浜など東京近郊でのレッスンも応相談 
グループレッスンへの対応も可能ですので、
お気軽にお問い合わせください。
Web: http://kaori0723sax.com/

 

 

 

 - 池袋, 習い事