東京都内『サックスプライベートレッスン』 永井 香織 様 インタビュー その2

      2017/02/24

多くの反響を頂いた前回から引き続き、永井 香織様にお話をお伺いしております!プロのサックス奏者としての道を歩くことを決意され、その後どのようなところに人生の岐路があったか?という深いお話にも切り込んで質問させて頂いております。いざ!

プロ奏者として苦しんだことなどあれば教えてください。

capture01

「大好きなサックスをやり続けるだけで良い。」「こんな幸せなことはない」と思っていたのですが、「やりたいことだけをやればいい、わけでは決してなかった』点はプロを選択した当初、自分自身がブチ当たった壁でした。例えば、自分が気乗りしない曲でも、お客様のリクエストや雰囲気で対応しなければならなかったり。求められることに応えることこそプロなのですが、今思えば当然のことだと思うのですが、当時の自分は大きな葛藤があったなと思っています。

 

今まで一番大変だったのは、どのような時でしたか?

数年前大きな病気で、長いブランクがあった時です。ただ、これをきっかけに自分の中で大きく変わることができたことも確かです。それまで小心者だったというか、自分に自信がなかったんでしょうね。大きな仕事を任せられそうになった時も、チャレンジする前から自分では無理だと思って、引き受けなかったり。今では、『とりあえず、ダメでもいいからやってみよう。』という前向きな気持ちで色々なことにチャレンジできていると思っています。

プロのサックス奏者として、現在の生活スタイルは日々どのように過ごしているのでしょうか?

blog03日々全く違っていますね。仕事の内容によりますが、朝までサックスを演奏している時もあったり、レッスンが立て続けに入っている日もあったり。ただ、その合間に自分の練習を入れるようにしています。自分の時間を取らないと、やはりプロとしてのバランスを崩しがちになるので。移動時間が多い時などはやはり大変ですが、今では生徒の皆さんが気を使ってくれて、レッスンの場所や時間をまとめてくれたりしています。

 

次回は、生徒様に対する熱い思いを語っていただきます!

今回のインタビューのお相手

capture03

サックスプライベートレッスン
代表 永井 香織 様 
都内各地でのマンツーマンレッスン 
埼玉、横浜など東京近郊でのレッスンも応相談 
グループレッスンへの対応も可能ですので、
お気軽にお問い合わせください。
Web: http://kaori0723sax.com/

 

 

 

 - 池袋, 習い事