川崎・中目黒『アート書家』 原田 愛子 様 インタビュー その4

      2016/12/30

いよいよ本年最後のインタビュー!原田様のこれからの意気込みを存分に語って頂いております。

始めて4年目で何か変わったことはありますか?また、これから挑戦してみたいことを教えてください。

general03

当初は自信を持ってアート書家と名乗ることができなかったと思います。ただ、色々な作品を描いて、様々な経験をして、多くの方々と関わりを持つことができたことで、アート書家だと自信を持って名乗れるようになったことは本当に素晴らしいことだと思っています。書をやっていると、色々な方に「何流ですか?」と聞かれるのですが、自分は自分流だと自信を持って言えるようになれたことは本当に大きく変わったことだと思っています。

自分の中には本当にやりたいと思っていることが数え切れないほど詰まっています。ただ、今、明確にやりたいと思っていることは、5周年の集大成として大きな展示会をやりたいなって思っています。自分のアイデンティティの元となっている鎌倉が現時点では開催場所としての第一候補です。

鎌倉は特別な思いがある土地なんですね?

main01

高校が鎌倉で、企業で介護の仕事として着任したのも鎌倉でした。自分の中では第二の故郷ですね。感じる風や雰囲気がとても大好きで、今でも老人ホームで書を通してお年寄りの方々と交流をさせて頂いています。字を書くことができない方でも、一緒に手を動かしたり、時間を楽しんでくれたり。そんな時間を一緒に過ごせることが、自分にとっては素晴らしい時間で、本当に楽しくお仕事させて頂いています。


他にチャレンジしてみたいことはあったりしますか?

general02

自分の作品集を昨年出版させていただいたのですが、クラウド・ファンディングを用いて資金の調達をさせて頂きました。皆様からの熱い応援の気持ちも含め、目標の金額に到達し、記念として作成することができました。その作品集には、自分の言葉や母の言葉だけでなく、祖母の言葉も含めることができて。三世代の言葉を、時代を超えて、一つの作品集の中に盛り込めたことは非常に感慨深く思っています。今後もこのように様々な作品を残してきたいと思いますし、今まで経験がないようなモノにでも書いたり、描いたりとしたいと思いますし、作品だけでなく色々なものにチャレンジし、それを様々な方に知ってもらえるように頑張っていければと思っています。

I'll beでは原田様にとっても、皆様にとっても素晴らしい年になるようにご祈念しております。それでは皆様良い年末、そして良いお正月をお過ごしください!

今回のインタビューのお相手

capture03

アート書家 愛子de書
主宰 原田 愛子 様 
川崎、中目黒の書道・筆文字・ペン字教室
愛子de書っぷ も営業中! 
展示会にも是非お越しください。
Web: http://www.a-aiart.com/

 

 

 

 - 中目黒, 川崎市, 習い事