渋谷・広尾『Nail Salon 'MOANI' Hiroo』 様 インタビュー その3

      2017/02/24

第三回目のNail Salon 'MOANI' Hiroo様へのインタビューです。今回は、お客様に対してサロンをどのように展開されているか?という視点でお話をお伺いしています。ネイルサロンにとどまらず、ポーセラーツやビジュの教室も始められた経緯についても色々お聞き出来ました!

お客様にはどのような方が多いのでしょうか?

小さなお子様連れのお母様が中心です。タクシーでワンメーターくらいの、気軽に来られる距離にお住いの方が多いですね。ただ、自分の周りに子連れOKで訪れられるサロンがなく、ブログなどで検索されてご来訪くださる方もいらっしゃいます。お子様が恵比寿で習い事をしていて、その合間に足を運んでくださる方も多くいらっしゃいます。 また、子育てから手が離れてもリピートしてくださる方も多くいらっしゃいます。育児の時間を一時でも共有させて頂いたことでしっかりした信頼関係を築くことができたからでしょうか、お客様には本当に良い方が多く、色々大目に見てくださり、そんなところに支えられながら続けられていると思っています。

開設以前と大きく違っていますか?

生活がガラッと変わりましたね。元々は、新卒で人材派遣の法人営業に配属され、そこでバリバリ仕事をしていました。朝早くから深夜まで仕事にどっぷり働きづくめで、「このままだと婚期を逃してしまうかもしれない!」そう思い、景気に左右されず、今までと比べればそれほど忙しくはない事務職に転職、その後結婚に至りました。出産後、そちらの企業に残るという選択肢もあったのですが、保育園のこともあり、手元に残るお金のことまで考えると、本当にそれが最良の選択かわからなくなってしまって。「それならば!」ということで、子どもに触れ合いながら、育てられるという環境を自分の努力次第で構築できることも踏まえ、サロンの開設に踏み切りました。実際に見えない仕事が多かったことは後々わかったのですが、自分で決めて色々やりくりしながら、子どもとこの時期を過ごすことができていることは、非常によかったと思っています。

ポーセラーツやビジュの教室を始められた背景を教えてください。

お子様連れのネイルサロンはお客様一人一人の施術に2時間以上かかる場合があり、連続での応対だとどうしてもヘトヘトになってしまいます。また、その後の片付けや家事もあるので、自分では全てのことにベストを尽くしてはいるものの、どうしても時間や体力に限界が生じてくることが今後起きてくるかもしれないと考えています。また、現在のジェルネイル人気がこのまま続くという保証もなく、そこから考えたのがポーセラーツやアクセサリーの教室展開です。好きなことや自分がやってみて楽しかったことは是非人に広めたいですし、自身もそれを仕事として続けていくことは楽しく、やはり認定講師資格を取得して展開していこうと思いました。お客様層を変えることなく、より広がりを持たせることができればネイルサロンにも様々な副次的な効果も期待できると思っています。また、ポーセラーツやアクセサリーの教室に来られる方は結婚前やお子様をお持ちでない方も多く、将来子育てをされる時にネイルサロンとしてお越し頂ける可能性もあると考えています。ただ、今はネイルサロンのお客様が中心であることは変わりなく、自分自身もネイルを愛していることは間違いないので、そこにかけている時間はまだまだ一番多いというのが実際のところです。

次回は最終回となってしまいますが、'MOANI' Hiroo様の今後の展望について、お話をお伺いしていきます!

今回のインタビューのお相手

Nail Salon 'MOANI' Hiroo
渋谷でネイル♪
ママネイリストがお迎えする
子連れでも安心して施術を受けられる
ホームサロン&お稽古サロン
Web: https://www.homenail.jp/

 

 

 

 - 広尾, 渋谷, 美容系