渋谷・広尾『Nail Salon 'MOANI' Hiroo』 様 インタビュー その2

      2017/02/24

Nail Salon 'MOANI' Hiroo様への第二回目のインタビューです。今回は、ママ達にとって素晴らしい空間をどのようにスタートされたのか?という立ち上げの時期のお話をお伺いしています!

こちらの開設以前もネイルサロンで働かれていたんですか?

元々はネイルサロンとは全く関係のない、一般の企業で働いていました。ただ、ネイルは本当に好きだったのでネイルサロンには頻繁に通っていましたし、自分自身でもネイルをやることも多かったです。ただ、産休の時に子どもを連れて行くことができるネイルサロンが身近にはなかったこともあり、自分自身で自分のネイルがもっと上手にできるようになりたい!と思い、スクールに通うことに。主人からも「ちゃんと習ってきてもいいよ。」と勧められたこともあり、一旦学んでみると本当にハマってしまいました。 本格的にネイルの世界に足を踏み入れると本当に奥が深いもので、例えば、アートが得意、ケアが得意と先生毎に様々な得意分野があって、気がつくと、様々な先生方のセミナーにも時間が許す限り出席するようにしました。そんな折に『自分みたいに子どもを育てている環境だとネイルに行けないで困っている人は多いんじゃないか。』と考え、『そのような方々にお子様連れでもOKなネイルサロンの場を提供できればいいな。』と当時考え始めたのが、サロンを自分で開設しようと考えたことが最初のきっかけだったと思います。 資格取得後、一般企業に戻るという選択肢もありましたが、子どものことを考えると、難しくて。本格的にサロンを開設することを決意しました。自分が育児だけという環境よりも、社会とコミュニケーションを取りたいというか、対価を頂くことで自分自身が役に立っているという実感を得られる機会を持ちたいという気持ちが大きかったからだと思います。現在、そのような機会を得られていることは本当に開設できたことを幸せに思えている点です。

実際にスクールに通われていた時やサロンを開設された時のことを教えてください。

4-5年くらい前になります。短期集中コースのようなもので、赤ん坊だった1人目の子どもを母親に預け、一日集中で通ったりして。その後に検定試験を受けました。実は最初のコースだけ終了した時点で、ジェルネイルの初級検定を受けましたが、見事に落第してしまいました。合格するためのお作法とか独学だとやっぱり難しくて。その後、検定のための先生の所に通い、削る角度や準備のスピード、道具の扱い方など塗ること以外のことを色々学びました。その後、初級検定をクリアし、その他の検定試験も問題なく修了することができました。サロンの開設準備の際には、親戚や知人含め、様々な方々にモニターとしてご協力やアドバイスを頂き、試行錯誤を続ける期間がありました。その後、アメブロでの集客やホームページの開設などを経て、サロンを開設するに至りました。今では”子連れOK”のネイルサロンということで、多くの方々にご愛顧頂いています。

次回は今現在どのように運営されているか?という点に焦点を当て、様々なお話をお伺いしていきたいと思います!ご期待ください。

今回のインタビューのお相手

Nail Salon 'MOANI' Hiroo
渋谷でネイル♪
ママネイリストがお迎えする
子連れでも安心して施術を受けられる
ホームサロン&お稽古サロン
Web: https://www.homenail.jp/

 

 

 

 - 広尾, 渋谷, 美容系