恵比寿 プライベートトータルビューティーサロン 『Eternal』 大谷様 インタビュー その1

      2017/02/24

第1回目のインタビューは、恵比寿のプライベートトータルビューティーサロン『Eternal』の大谷 代何 様にお話をお伺いしました。

大谷様がサロンを始められた経緯を教えて頂けますか?

29歳で起業し、33歳でリラクゼーションの事業を西麻布で始めました。ただ、その時は経営のみで、セラピストとして施術を行ってはいませんでした。今考えると、その時は、「受けるのは好きだけど、やるのは苦手」と思い込んでいたのだと思います。

その後、人手不足の折に、自分で施術を行っていくうちに「以外に好きかも」と思えてきました。そんな中で、「ホントにやりたいことは、やはり予防美容としてのトータルビューティーだ!」と思い、リラクゼーションの経営権を譲渡し、新たにセラピストとして一からサロンをスタート。その時の気持ちとしては、サロンでお客様を一人一人にじっくり向き合いたいという思いからでした。

Eternal大谷様①

ちょうど5年前の震災の年に、仕事やプライベートで色々あり、全てを失うという経験をしました。そんな環境から離れたいという思いで、選んだ土地はハワイでした。ハワイではロミロミを習いながら、3ヶ月程度過ごしました。実際にお客様を担当し、サービスを任せられるまでにはなったのですが、外国人の先生から技術を学ぶことができたのは本当に良かったと思っています。先生や当時のお客様とも今でも仲良くさせて頂いています。

代何(クレア)という名は本名です。それは父が海外でも通用できるようにと名付けてくれたんです。今後は海外の方にもサービスを提供できるお店にしたいとも思っています。

ハワイで過ごした後、日本に戻り、マンションの一室で再びサロンを始めました。一度落ちるという経験によって、人脈等全てを失うことで反対に多くのことを学ぶことができました。今までの自分を全て忘れ、何もないところから邁進できたからなのか、今のサロンには大きな波もなく、トラブルなどにもギクシャクしない確固たる基盤が形成できたと思います。やはり一から自分でコンセプトやメニューを作ってきたからなのでしょうね。また、信頼できる店長がいることも大きいですね。自分がいなくても、しっかりしたサービスを提供できるお店になっていると思っています。

店長はハワイで出会った下江様ですね?

 そうです。ハワイだったからこそ、下江とは非常に親密な関係になれたのだと思います。一ヶ月程毎日一緒に過ごしていました。下江はもともとネイリストの仕事をしていて、美容という共通点だけでしたが、私と同様にリセット中でした。日本に戻ってからもサロンに遊びに来てくれたり、自宅に泊まりに来てくれたり。その後、一緒に働きはじめ、当初はネイルのみだった下江も、エステシャンとしての経験を積んでいき、二人で色々助け合いながら小さなサロンを運営していました。その後、少し広いマンションに引っ越し、徐々にスタッフを増やしていった後、いちかばちかの覚悟で借りたのが今の一軒家です。ただ、その思い切った決断がよかったのだと思います。

次週は、恵比寿での設立の理由やサロンの基盤について質問します!

今回のインタビューのお相手


owner2完全予約制プライベートトータルビューティーサロン『Eternal』
代表 大谷 代何 様 
店舗名: Eternal(エターナル)
TEL: 03-6427-5811
所在地: 渋谷区広尾1-6-1ホーメックス広尾E棟
最寄駅: 恵比寿駅西口(東側)徒歩5分
Web: http://www.eternal-beautysalon.com

 

 

 

 - 広尾, 恵比寿, 美容系